手軽に始められる生活習慣病予防は飲酒量のセーブ

飲酒は大人の嗜みであり、お酒は人生に潤いを与えてくれる存在です。
ワインや日本酒、ビール、発泡酒、カクテル、リキュール、泡盛等など、日本国内だけでも色々な種類のお酒が、個人的に買えます。

スーパーマーケットやコンビニでも美味しいお酒が販売されており、安い値段で美酒が気軽に味わえるのは世界広しといえども、日本の国だけかもしれません。
ただ、気をつけたいのが飲酒量の問題です。
お酒は正しく嗜めば健康を維持出来ますが、毎晩毎晩たくさんの量を飲んでしまうとリスクが出て来ます。

アルコール依存症や肥満、精神疾患、ドメスティックバイオレンス、生活習慣病のリスク要因となり得ますので、健康的に酔える範囲でやめのが正しい飲み方です。
泥酔状態になるまで、飲み屋や自宅で飲酒するのはよくありません。
手軽にお酒が買える日本だからこそ、飲酒量は個人個人でセーブしなければいけません。

特に生活習慣病のリスクと飲酒量は比例する関係にあります。
手軽に口に出来る、飲みやすいワインや第3のビールが世間で流行っていますが、飲みごたえが軽いといっても、お酒には必ずカロリーとアルコールが含まれています。
手軽に飲める優しい味のお酒こそ、飲み過ぎに注意です。

第3のビールやワインは比較的カロリーが低い方ですが、その分どんどん瓶や缶を開けてしまいやすい難点があります。
生活習慣病のリスクを考えると、多くても一日瓶一本、ビール等なら一缶を上限にしましょう。

また外食や接待などで、ついつい飲酒量が増えてしまった時は、翌日の飲酒を避けましょう。
いわゆる休肝日を作る事で、肝臓を休ませてあげる事が重要です。
人によってアルコール分解の力は異なりますが、飲み過ぎは誰にとっても生活習慣病のリスクになりますので、普段からセーブする努力が、将来の病気を予防します。